ホーム > 浮気調査・不倫調査 > 離婚への備え

浮気調査・不倫調査

離婚への備え

浮気が原因で離婚にまで至るケースは珍しくありません。その際に大事になってくるものがあります。

それは「証拠」です。「浮気しているのではないか」といった疑惑の段階では「浮気」と認められません。浮気と認めさせるためには証拠が必要になるのですが、浮気を行なう人は大抵秘密裏に行うものですから、中々証拠が出ないでしょう。

そもそもどの部分を持ってして「浮気」とするのかという部分もあります。
例えばです。「手を繋いで歩いている姿を目撃した」とします。これは心情的には許されるものではないでしょうが、この段階ではまだ「浮気の証拠」にはならないのです。
二人でキスをしている瞬間を見た。これも同様です。
「浮気」とまでは行かないのです。浮気は言うなれば「不貞行為」になりますから、いくつか定義されている事があります。

  • ラブホテルやブティックホテルに出入りしている
  • シティホテルの場合は同じ部屋に入室し、一定時間以上(およそ一時間)同じ部屋に滞在していた
  • 相手の住まいに頻繁に出入り、あるいは宿泊しているといったものです。

しかもです。これは見るだけではダメですし、何よりその関係に継続性があるかどうか。
つまりは一度だけではなく、複数回行なっているという確証が必要なのです。
写真やビデオなどにその瞬間を納めなければならないのです。
でなければ「浮気」が理由の離婚にならないのです。浮気の決定的証拠の有無で離婚は大きく変わります。慰謝料や養育費ですね。浮気されている場合の離婚とそうではない場合の離婚では慰謝料や養育費、親権といった問題が自分有利にならない可能性もあるのです。

証拠無く「浮気」と発するのは、ともすると相手への侮辱になりかねません。ですが証拠さえあれば、「浮気が原因」と主張する事が出来るのです。
目撃はあくまでも「参考」にしかならないのです。

更に、先に挙げた以外の証拠。例えば食事をしている写真やドライブをしている写真、どこかの観光地でのツーショット写真なども、心情的には「浮気だろう」とは思うでしょうが、「証拠」にはならないのです。
もちろん親密な関係を伺わせるものではあるでしょう。ですが「証拠」にまではならないのです。もしも相手が浮気をしているような素振りがある場合、その段階で離婚を突きつけるのではなく、しっかりと「証拠」を握ってからの離婚の方が自分にとってとても有利になるのです。

離婚をする。言葉にするのは簡単かもしれませんが、離婚の際にはいろいろと考えておかなければなりません。

失礼な表現かもしれませんが、結婚は勢いでも出来ますが離婚は勢いでは出来ません。
特に離婚で考えておかなければならないのは自分自身の生活はもちろんですが、離婚までの手順でしょうね。

離婚の備えとしては主に三点挙げられます。・協議離婚・調停離婚・裁判離婚です。
それぞれどのようなものなのかご説明させていただきます。

協議離婚

協議離婚は簡単に言えば「話し合いをして離婚」というものです。

第三者が介入する事なく、当事者同士の間で取り決めるのが協議離婚ですね。

もちろん、代理人などを立てる事はあります。

協議離婚は現在の我が国の離婚の9割を占めると言われています。

わざわざ離婚という当人同士の問題を家庭裁判所などに任せるのは嫌だと思っている人は多いでしょう。

裁判ともなれば自らのプレイバシーを白日の下に晒さなければならないのです。

何も疚しい事を行なっていないとはいえ、自分自身、愛情がなくなっているとはいえ相手のプリバシーを様々な人に知られてしまうのはあまり良いものではないでしょう。
そのため、「何とか協議離婚で」と思っている人は多いのです。協議離婚の場合大事なのは合意した点を公正証書にまとめておく事です。

口約束の場合、「知らなかった」「そんな覚えは無い」と言われてしまうと、「約束をした」という事を証明する手立てがなくなってしまいます。
そのため、その「約束」を証明するためのものが大事になってくるのです。

調停離婚

調停離婚は協議離婚では合意にまで至らない時に家庭裁判所に調停を申し立てるものです。

この場合、双方からヒアリングを行う事になります。

家庭裁判所の調停員があくまでも「客観的」な立場からレクチャーしていく事になります。
とはいえ、調停は「命令」ではなく、第三者を交えた「話し合い」になりますので、一方が調停に納得出来ない場合は、調停離婚も成立しません。

事実、「調停不調」となってしまうケースもありますから。

裁判離婚

裁判離婚は文字通り裁判で離婚を争うものです。

協議・調停でも決着を見る事が出来なければこちらになりますね。

調停と異なる点としては、結果は強制力があります。

調停離婚が「どうでしょう?」という提案なら、裁判離婚は「こうしなさい」という命令のようなものですので、裁判離婚で離婚の結果が下されればその瞬間に離婚が成立する事になります。

 

お問い合せ

営業範囲エリア

  • 北海道
  • 旭川市
  • 札幌市
  • 留萌市
  • 稚内市
  • 根室市
  • 夕張市
  • 名寄市
  • 釧路市
  • 帯広市
  • 北見市
  • 網走市
  • 深川市
  • 滝川市
  • 赤平市
  • 芦別市
  • 富良野市
  • 砂川市
  • 美唄市
  • 岩見沢市
  • 小樽市
  • 恵庭市
  • 千歳市
  • 苫小牧市
  • 函館市
  • 室蘭市
  • 士別市
  • 登別市
  • 伊達市
  • 石狩市
  • 歌志内市
  • 三笠市
  • 東北・関東・東海・関西全域

PAGE TOP ▲